読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔相論-顔相メイク学で顔を論ずる

「顔相論」では顔相メイク学を使い人相鑑定や顔相メイクアドバイスを行っている美容研究家忍者みやゆう。が顔/メイク/占い/開運等についてコラム形式で論じていきます。

【顔相学】目の意味をことわざから学ぶ

顔相メイク学

【お知らせ】

f:id:freeninja:20170318135212j:plain

残席わずか!5月にトークライブやります!

ども!美容研究家忍者みやゆう。(@bikatumiyayuu)です!

f:id:freeninja:20170127114236j:plain

最近は自分の経験からだけでなく本を読んだりして知識を入れているわけですが、なかなか人相の本が売ってない。

どうにか新しい、、、いやっ昔の知識を入れて今の経験値と照らし合わせたい。

ん?ちょっと待てよ!ことわざから顔相の意味読み取れるんじゃない?

今回は目のことわざから目の顔相的意味を学びます。

【顔相学】目の意味をことわざから学ぶ

目ってメンタリズム的にもメイク的にも重要ですからね! 顔相の意味としても重要なはずです。

目に関連することわざの意味

kotowaza-allguide.com

故事ことわざ大辞典さんのサイトから目に関連することわざをピックアップしていきます!!

鬼の目にも涙

悪代官が年貢の取り立てに情をかけたり、高利貸しが憐れみの心で証文を破ったりしたときに使われた言葉から。 現在では、鬼のように怖く厳しい人でも感動して涙を流すという場合に使われることが多い。

目に入れても痛くない

かわいくてたまらない、見境なくかわいがるさまのたとえ。 多く、子や孫をかわいがるさまのたとえとして使う。

目から鱗が落ちる

鱗で目をふさがれた状態のように、よく見えなかったものが、急にその鱗が落ちて鮮明に見えるようになったということ。 『新約聖書』使徒行伝・第九章にある「The scales fall from one's eyes.」という言葉に基づく。

目は口ほどに物を言う

人間が喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのが目だということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだということ。 また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。

弱り目に祟り目

弱り目に祟り目とは、困っているときに、さらに災難が重なること。不運が重なることのたとえ。

ことわざから顔相の意味を学ぶ〜目編〜

ざっと目のことわざを並べてみました。

こう見るとやはり目の重要さがわかります。

顔相的な目の意味としては感情を表すことが多いです。

目は口ほどに物を言うなんかそのまんまですね。笑

この人はこんな目をしているから何か起きた時にこんな感情をだす!みたいな。

 

鬼の目にも涙や目に入れても痛くないからわかるように、人の目を見ることによってどんな感覚の持ち主なのかも読み取れるはずです。

ちなみにマジックをしてカード当てるの間違えたかもと言う時も、まずはお客様の目を見ます。

「当たってる!」と「え!間違えてるよ!」の目の動き、輝きは違うからです。

女性たちが一番細かい作業をするのもアイメイクですね。

とにかく目は顔の中でかなり重要なパーツだと言うことがわかります。

【結論】目から感情を知ることができる

自分の憧れの人が現れた時の女性陣の目のキラキラ。

あれが一番わかりやすいですね!笑

光度を測ったら、おそらく本当に通常より輝いているんじゃないでしょうか?

自分の目はどんなポテンシャルを持ってるのか知りたい方はお気軽にご連絡ください!